手軽にキレイが手に入れられるボトックスの効果

施術の失敗を避けるには

カウンセリング

ボトックスを失敗すると起こる症状

ボトックスは痛みが少なく、施術跡が残りにくいというメリットがありますが誰がやっても上手くいく、というわけではありません。ボトックスを注入する量を誤ると、さまざまなトラブルが起こります。眉間に出来たシワを取る手術では、ボトックスの注入量を誤った事で眉じりが不自然に上がってしまいます。他には、顔の上半分は笑っているのに下半分は動いていないという現象が起きます。さらに、顔の筋肉を上手く動かす事が出来なくなるため、飲み物が飲めなくなるなどのケースもあります。今まで日常生活で当たり前に出来ていた事が難しくなるため、かえって手術を行わずにいたほうが良かったと後悔する事になります。効果的に理想通りの結果を得るには、しっかりとしたクリニックを選ぶ必要があります。

失敗すると、元の状態に戻らない場合もある

ボトックスは、薬剤の量が少なければ効果を感じられませんし、量が多いと表情が不自然になってしまいます。ボトックスの注入を誤ってしまった場合、ボトックスが消えるまで時間の経過を待つ必要があります。ボトックスは一般的に半年ほどで効果は切れ、施術前の状態に戻ります。しかし、失敗の度合いによっては元に戻らないケースもありますので、やはり正確な技術や知識が必要となります。

失敗を避けるにはクリニック選びが重要

ボトックスによる施術を検討される場合は、クリニック選びが重要になります。表情筋は、首から上にかけて30以上もありますので、ボトックスを注入する位置と量を知り、正確に施術を行える事が必須です。また、知識や技術と同じく大切なのが、カウセリングです。ボトックスを使用した施術は、お客様1人1人に合わせて行う事が大切です。年齢や表情筋の使い方などで皮膚のつくりは異なりますので、お客様とのやりとりをじっくり行う必要があります。お客様の事を知らずに施術を進めてしまえば、失敗のリスクが高まりますのでカウセリングをしっかり重ねたうえでの施術が必要です。
クリニック選びの際は、実績を積んでるか、お客様にしっかりカウセリングを行っているか、しっかり見極めましょう。妥協せずにクリニック選びを行う事で、理想の効果を得る事が出来ます。